海外スマホ設定 ホノルル空港 ワイキキ TAXI 料金

2019年4月23日

わりと快適な空の旅も終わり、いよいよホノルルに到着しました。
ホテルのアメニティーグッズがないと困るので、

機内で貰っていた歯ブラシとスリッパの セットを、忘れずに持ち帰りました。

Wi-Fiをレンタルしたので、成田の時点でスマホのモバイルデータ通信をオフ
でもなぜかキャリアの表示が消えず心配していましたが、

ホノルルに着いてスマホが圏外であることを確認し、ほっと一安心。

でも娘のスマホだけが圏外にならなかったので、モバイルデータ通信オフにした上で
機内モードにしました。
当たり前のことですが、Wi-Fiはオンのままです。

入国審査ですが、7年前にはなかった指紋の登録をしました。
小学生の息子だけが免除です。

この間、夫が腹痛になり入国ゲートより手前のトイレへ逆戻り。
管理官の前で、10分以上待つ羽目に。
(待たせていた次の方、本当に申し訳ありませんでした。)

でも、気にしなくていいよ、大丈夫、と管理官の女性は優しくスマイル。
おおらかなハワイに来たことを実感しました。

そしてワイキキのホテルまで初めての自力移動。
TAXIを使いました。
TAXI乗り場は送迎バスのターミナルよりさらに奥のほうにあります。
すぐに乗れました。 

運賃は約40ドルと、15パーセントのチップ

運転手さんから帰り用の5%オフのチケットをもらいました。

送迎なしで自力で行くと良い点は、自分たちが泊まるホテルに直行できて、

移動時間が短くて済むこと。

30分くらいの余裕ができるのでおすすめしたいです。

特に今回時間がない私たちにはその30分は貴重でした。

さて、ホテルに到着し、

13時のチェックインまでまだ時間があるので、荷物を預けることに。


そして 次の瞬間
蒼ざめました。

私がうっかり帽子、カーディガンを空港のベンチに忘れてしまったことに気が付き
、だんなも子供たちもさすがにプンプンモード。

台風にハラハラし、成田までもハラハラし、入国も夫を待ってハラハラ、
ホテルに着いた途端、またトラブル発生。
私も自分にうんざり。

家族に謝り、
ちょうど、利用した旅行会社のカウンターのすぐ隣りのベンチだったので
旅行会社に届け出をすることに。

着くなりこのようでは、先が思いやられる…

でも、アクセスがよく、旅行会社まで5分もかからないのは助かりました。
旅行会社のスタッフは、笑顔で対応してくれ、 幸いなことに、忘れた席のあたりの写真を撮ってあったので説明がスムーズでした。 出てこないかもしれないけれど、とりあえず希望は持とう…

  
ロイヤルハワイアンセンターからワイキキビーチはすぐなので、早速行ってみました。
当然のことながら、日差しが強い‼
帽子がないからきつい、でも自分がいけないので、がまん。

夫も子供たちもテンション高めで、
息子はすぐさま水に浸かっていましたが、とりあえず着替えてから出直すことに。

そして、ABCストアで約7ドルの子供用シュノーケリングのゴーグル
約13ドルの大人のシュノーケリングゴーグルを買い、
ホテルに戻りました。